Planet Blue

P7P55D LEとUMAX Cetus DCDDR3-4GB-1333の組み合わせで相性発生

PCを使っていたら、いきなりブルースクリーン。

原因として思い当たるのはメモリ。 インストール時にコケたもんね。
1枚刺しにしてWindows7のインストールは出来て、その後2枚刺しにしたんですが、やっぱり問題があったみたい。
ソフマップの交換保証に入っていたので、新品に交換してもらいました。(ソフマップのテストでもエラーは出た)
しかし、交換品でもブルースクリーン。

もうUMAXはダメだと思って、CFD W3U1333Q-2Gに交換してもらいました。
今のところ、CFDの方は問題ありません。
UMAXはASUSの説明書のメモリ推奨ベンダーリストにも載ってないし、使えればラッキー程度の品質なんだろうね。

広告

Written by firefennec

2010年 3月 18日 @ 00:28

カテゴリー: PC