Planet Blue

Archive for 1月 2010

RHAPSODY 「SYMPHONY OF ENCHANTED LANDS」

ラプソディーはiTSにあるのであまり需要はなさそうですが、高解像度版ってことで。

Written by firefennec

2010年 1月 31日 at 18:09

カテゴリー: アートワーク

氷室京介 「Shake The Fake」

カッコいいジャケットですね。
実際にクレーンに乗って撮影したんだろうか。

Written by firefennec

2010年 1月 30日 at 02:32

カテゴリー: アートワーク

氷室京介 「Memories of Blue」

アメリカでのロケだと思いますが、撮影風景を想像するとちょっと笑える。
まんまハメ顔ですからねぇ。

Written by firefennec

2010年 1月 29日 at 01:08

カテゴリー: アートワーク

Paul Gilbert 「Flying Dog」

このアルバムの「Down To Mexico」という曲がwowowのボクシング中継のテーマ曲に使われていて、それで買ったもの。

Written by firefennec

2010年 1月 28日 at 01:29

カテゴリー: アートワーク

Fires At Midnight

ジャケは1stや2ndのようなイラストの方がいいなぁ。
内容はフォークです。

Written by firefennec

2010年 1月 27日 at 04:20

カテゴリー: アートワーク

Under A Violet Moon

かなり上手くスキャンできた1枚。 リッチーの足元のニャンコがいいです。

アルバムとしては何とも言えない。
もはや、ロックやメタルではなくフォークですからね。

Written by firefennec

2010年 1月 26日 at 00:02

カテゴリー: アートワーク

浜田麻里 GREATEST HITS

近年、浜田麻里のアルバムは紙ジャケで再販されていますが、このアルバムは無し。
きっと、レコード会社の都合とかなんでしょうね。
このアルバムの選曲が一番バランスがいいような気がしますが。

当時は普通の歌謡曲として聞いていましたが、今聴くとヘヴィメタル・・・なのかなぁ。
まぁ、それを言い出すとメタルとロックの違いは何なんだって話になりますが。
メガデスを聴いてロックだとは思わないし、ボン・ジョヴィを聴いてメタルだとは思いませんから、違いはあると思うんだけど何なんでしょうね。
自分の中ではロックは歌モノで、メタルはよりインストゥルメンタルな印象です。

ジャケットはちょっと色再現に失敗してます。 オリジナルはもうちょっと黄色いです。
スキャンで肌色を再現するのは難しい・・・。

Written by firefennec

2010年 1月 25日 at 02:32

カテゴリー: アートワーク