Planet Blue

第26節 ヴィッセル神戸 対 ジェフ千葉

神戸と千葉の試合を見にホームズスタジアムへ行ってきました。

神戸 対 千葉という香ばしいカードを見に行く気になったのは、万博や西京極、長居には行った事があるのですが、ホームズスタジアムには行った事がなかったのが1つ目の理由。
それに来季セレッソは昇格するだろうから、関西でジェフの試合が見られなくなるだろうというのが2つ目の理由。
日本代表に最大6人もの選手を送り込んだジェフ千葉の最後を見届けてやろうと思ったわけです。

ホームズスタジアムに行く前に、三宮の焼肉丼「十番」でランチです。

カルビ丼 並 600円

カルビ丼 並 600円

甘辛のタレがご飯にすごく合って旨いですね。
残念なのは、並ではご飯の量が少ない事。
でも、人気がある理由が分かりました。

三宮から地下鉄に乗り、御崎公園駅で下車し徒歩10分ぐらいでホームズスタジアムに着きました。

駐輪場

駐輪場

実は今回は駐輪場を確かめに来たというのもある。 電車や車でのアクセスについてはどこにでも情報が載っているんだけど、バイクや自転車で行けるのかという事については載ってないですからね。
試合の時は、地下駐車場入り口横のテニスコート周辺が臨時駐輪場になるようだ。 もちろん無料。

さて、試合ですがちょっと行くのが遅すぎて、スタンドへ行く階段を上っているところで「ゴーーーーーール」のアナウンス。 なので、神戸の最初のゴールは見ていません。 観戦は10分過ぎぐらいからです。

ヴィッセル神戸  のフォーメーション

created by TextFormations :M :R

ジェフ千葉  のフォーメーション

created by TextFormations :M :R

両チームのフォーメーションはこんな感じ。
両チームとも中盤をビルドアップするつもりはあまりなく、ロングボール&カウンター狙いのサッカー。

33分、ミシェウからの縦のスルーボールを受けようとしたネットがPA内で倒れてPK。

これをネット自身が決めて、1対1の同点。
まぁ、ネットはダイバーだねw

ボランチ宮本

ボランチ宮本

ガンバでボランチをやらされて死んだ魚の目になっていた宮本を知っているので、ボランチでどうかと思ってましたが、普通にこなしてました。 しかし、ボランチだと「ラインコントロールでゲームを支配するリベロ」という宮本の最大の特徴が出ないのでつまらないね。 

前半の神戸を見ていると、良い位置でボールを取って「よし、行け!」というタイミングで、技術的なミスでチャンスを潰すことが非常に多かった。 神戸に必要なのは外国人FWなんじゃない。

そして、後半。
55分に朴康造が右サイドを駆け上がった石櫃を囮に使う切り返しでフリーになり、左足のシュート。 これが見事に決まって神戸がリードを奪う。

千葉がビハインドとなった事で、深井がネット、ミシェウと3トップを形成するようなポジショニングを取るようになった。 これにより左SHの大久保のマークが外れる。 千葉の青木の裏をロングボールで突き、ジェフのゾーンを右サイドに寄せた上で、逆サイドでフリーの大久保へサイドチェンジ。 ボールを受けた大久保を松岡がタイミングの良いオーバーラップでサポートする事で左サイドを制圧。 神戸が怒涛の攻めを展開することになった。

巻が投入される70分までに、「決まった!」と思ったチャンスがいくつあったか・・・。 ポストにも何度も嫌われたし、決められる時に決めておかないと・・・・ね。

65分 坂本→太田
71分 ネット→巻
78分 谷澤→和田

ジェフ千葉  のフォーメーション

created by TextFormations :M :R

一連の交代で千葉のフォーメーションは上のようになった。
3-5-2で中後の1ボランチ。 まさに捨て身の布陣。

前線をサポートする人数が増えたことで、巻に入れたクサビのセカンドボールを千葉が拾えるようになり、千葉が試合を押し戻す。 千葉枠でただ一人逃げ遅れた巻の奮闘ぶりがちょっと切なかった。

86分 茂木→馬場

この交代の直後に、リスタートから工藤がグラウンダーのシュートを決めて同点。 交代のタイミングをしくじったね。
代わって入った馬場は左SHに入り、大久保がFWへ。

試合は中盤の空いたカウンター合戦に。 その中で馬場がチャンスをミスでことごとく潰す。 馬場が入るまで、「2トップを引っ張りすぎだろっ!」と思ってたんだけど、馬場のプレーを見ると選手層の問題かも知れないな。

試合はそのまま2対2で終了。 千葉にトドメを刺し損ねたね。 大久保が2人いれば勝てたのに。 そういう意味では、やっぱりボッティの欠場が痛かった。

さて、初めて行ったホームズスタジアム。 バックスタンド側の自由席に座ったんですが、前半は直射日光が真正面から当たって汗だくになりました。 後半はメインスタンドに日が隠れて、暑くもなく寒くもなく非常に快適な観戦を楽しめました。 サッカー専用スタジアムはやっぱり見やすいね。 大きさも手頃感があって丁度良い。 サポーター席の屋根に応援がこだまして雰囲気も良い。 関西ではダントツにNo1のスタジアムである事は間違いないと思います。 後はスタジアムグルメが充実すれば言うことないかな。

んで、神戸ですが痛くもないのに倒れて時間を稼いだりするところをみると、すっかり三浦イズムが浸透しておるなとw 来季も三浦監督が続投するのかどうかは知らないけど、このサッカーなら落ちる事はないだろう。 しかし、上位へ行くには限界があるし、観客も増えまい。

千葉の方は、さすがに今年は降格するんじゃないかな。 現在の千葉はミラー監督時代よりも守備が悪くなっているからね。 その分得点が取れればいいけど、メンバーを見る限りなかなかそうはいかないだろう。 ミシェウの体がもう少し強ければとは思うが。

広告

Written by firefennec

2009年 9月 23日 @ 15:30

カテゴリー: 国内