Planet Blue

地元川西市を巡る 後編

川西市から猪名川町へ向かいました。

猪名川町の景勝地、屏風岩に到着です。
写真では綺麗に見えるかも知れませんが、実際はそうでもない。
所詮猪名川ですから、実際に見るとかなりゴミが浮いています。
小学生ぐらいの頃に猪名川の上流で夏に泳いだ記憶があるのですが、今はもう無理でしょうねぇ。

写真を撮っている場所のすぐ横が道路で、しかもかなりハイスピードで車が走っているので写真を撮っていて怖かったです。 最も景観の良い場所は旅館に占拠されており、屏風岩の見物目的で行くと、きっとガッカリすると思います。

猪名川町から川西市に戻り、最後の目的地多田銀山に向かいます。
鉱山跡なので寂しい場所なのかなと思っていましたが、案内所もあり意外と訪れている人の数は多かったですね。

秀吉が馬に乗ったまま入ったという伝説のある瓢箪間歩

いくら当時の馬が小さく、秀吉が小柄だったとしても、それは無理なんじゃ・・・。

この瓢箪間歩のさらに北には豊臣秀吉の埋蔵金伝説のある間歩があり、現在でも発掘している人がいるようです。
しかし、私は豊臣秀吉の埋蔵金伝説には懐疑的。 だって、豊臣秀頼という後継者のいた秀吉に埋蔵金を埋める理由はないですもの。 豊臣秀次に切腹を命じてまで秀頼に後継者を一本化したのに、その秀頼に残す遺産をわざわざ地中に埋めるでしょうか?

青木間歩は内部を見学できます。
入口にあるヘルメットを被って、いざ中へ。
気分は完全に川口浩w

フラッシュを焚いたんで明るく見えますが、内部は結構暗いです。
1人だと怖いかもしれません。

以上、川西市名所案内でした。

広告

Written by firefennec

2009年 7月 4日 @ 00:28

カテゴリー: 旅行