Planet Blue

アルゼンチンがベネズエラに大勝

マラドーナ監督初の公式戦という事で、正直不安もあったけど快勝だったようでよかった、よかった^^

アルゼンチン代表
アグエロ
テベス メッシ
グティエレス マキシ
ガゴ マスチェラーノ
エインセ サネッティ
アンヘレリ
カリーソ

 

メンバーはこうだったらしい。 海外サイトでメンバー表を見た時、「DF1枚足りなくない? 書き間違いじゃねぇの?」って思ったんですが、ハイライト動画を見ても間違いありませんでした。 システムは3-4-3。
親善試合2試合では4-4-2で戦っていたので3-4-3は意外だったが、これはどうやらDFラインの選手に出場停止とケガ人が多かったのと、格下のベネズエラ相手のホーム戦という事で今回だけのよう。 4月1日のボリビア戦ではデミチェリスとパパが復帰し、出場停止のグティエレスに代わりディ・マリアが入る布陣が濃厚。

GK カリーソ
DF サネッティ、デミチェリス、エインセ、パパ
MF マキシ、マスチェラーノ、ガゴ、ディ・マリア
FW メッシ、アグエロorテベス

予想されるメンバーはこんな感じ。 注目なのはアグエロかテベスどちらかって事ですね。
実力で選ぶなら・・・テベスだろう。 マンU入団以後のテベスはかつてのゴリ押し感が消え、引いて受けて捌くポストプレーヤーに変貌。 アルゼンチンの中盤の構成をみると、ビルドアップで貢献できるテベスの方が必要だと思うし、今のテベスならメッシとの相性もバッチリのはず。 (何であのテベスがマンUに入ると、相手DFを背負いながらボールをキープし、広い視野でサイドチェンジのパスを出すポストプレーヤーになるのか、誰かその秘密を教えて下さいw)

ただ、アグエロはマラドーナの義理の息子なんだよねぇ。 「10番の夜」やボカの試合を観戦するマラドーナを見ていると、マラドーナが娘を溺愛しているのは明白。 ここんとこがちょっと気になるんだよね。

広告

Written by firefennec

2009年 3月 31日 @ 03:40

カテゴリー: 海外