Planet Blue

J2開幕戦 セレッソ大阪 対 サガン鳥栖

セレッソとサガンの開幕戦を長居に見に行ってきました。
J2の試合を生で見るのは初めて。 そこで見たものとは・・・。

まず試合を見に行く前に注目していたポイントについて述べたいと思います。 今シーズンのセレッソの攻撃の中心は右サイド。  左サイドでパスを繋いでゾーンを左に寄せてからマルチネスが酒本にサイドチェンジ→酒本が縦にボールを運びクロス、という形がセレッソの攻撃パターン。 これに対して、PSMのガンバ戦では後半下平に酒本のマークに付かれ、酒本の裏へ走られたことで、酒本の位置を下げられてしまった。 サイドを押しこまれるとセレッソは押し戻すのに非常に苦労することになる。 1トップのカイオが、DFを背負いながらクサビを受けて落とすようなポストプレーを得意としていないからだ。 カイオは空中戦で競り勝てるようなタイプでもないため、困ったら1トップの頭めがけてロングボールという必殺技も使えない。 こうなると香川と乾の単独でのターンに期待するしかなくなるが、ガンバ戦の後半は香川と乾も封じられたため、手も足も出なかった。

「同じ事がJ2のクラブでも出来るのかな?」というのが自分の最大の関心事だった。 4-4-2でSHとSBが連携して数的優位を作りサイドを押し込めれば、個の力で劣るクラブでもセレッソ相手に善戦することはできる。 世界的に3バックで戦うチームがほとんどないのは、サイドで数的優位を作られて押し込まれる、フリーでクロスを上げられる、というのが主な理由だろう。 これをJ2中位のサガンでも出来るのであれば今季セレッソは結構苦労するだろし、出来ないのであれば確実に昇格できる。 それを確かめに行ったわけです。

セレッソ大阪
カイオ
香川
石神 酒本
マルチネス 羽田
チアゴ 前田
江添
キム

 

こちらがセレッソのスタメン。 「チアゴが左ストッパーなの?」と疑問に思われると思いますが、チアゴと江添は試合の中でポジションを変えていました。 試合トータルで見るとチアゴが左にいる方が多かったように見えたので左に置いています。 チアゴが左に行ったのは左サイドからの攻めを強化するためなのかなと解釈しましたが、正確な意図は不明w

そして、注目していたサガンのゲームプランは「引き分け狙い」でしたw
香川に高橋、乾に島嵜、マルチネスにトジンをマンマークで付け、右サイドの酒本にボールが渡った際にはSHとSBで囲い込む。 サガンボールになっても決して攻め急がず、ゆっくりボールを回す。 ちょっとした小競り合いで倒れて時間を潰す。 ゴールキックもゆっくり蹴る。 とにかくサガンは時間稼ぎに徹していた。

これに対してセレッソの攻撃は左に偏る。 これはサガンが左サイドを意図的にフリーにしてセレッソの攻撃を左に誘導していた為。 つまりサガンの狙い通り。 悲しいかなセレッソの左からの攻撃には全然威力がないんだな。 これはホント面白いですよ。 右サイドで酒本が良い形でボールを持つと、みんなが「チャンスだ!」という信号を受信したかのように、すごい勢いと数でゴール前に入ってくるんだけど、左サイドの石神がボールを持った時は、「・・・・・・・」って感じですからねw。

そんな訳で前半は0-0。
「これがJ2の戦いなのね・・・」って感じ。
正直、この時点でスコアレスドローを覚悟したのだが。

後半開始早々、乾が右サイドを強引に縦に突破。 クロスがカイオにぴったり合って先制点を奪う。

この先制点が、この後のゴールラッシュに繋がる交代を生む。
54分 トジン→髙地
この交代でマルチネスのマークが外れたのだ!
ボランチ2枚にマンマークに付かれていた香川と乾がワイドにポジショニングする事でスペースを作り出し、マルチネスがピッチのど真ん中をドリブルで突進する。 セレッソにとっては願ってもない展開となった・・・がw

もうね、「そこでシュートかよ!」、「そこで横パスかよ!」と何回悶絶したかw やっぱさぁ、バイタルエリアまで前を向いてボールを運んだら、最後はスルーパスを狙ってほしいよね。 3点目なんかはマルチネスの横パスから繋がったんだけど、それでもやっぱりファーストチョイスはスルーパスであって欲しい。 シュートに直結したスルーパスは1本もなかったんじゃないかな。
私の中で、マルチネスはスルーパスを出せない疑惑が急浮上しましたよw

ついでに疑惑がもう1つ。 「キムはキックが下手疑惑」 
ゴールキックを蹴る時に、チアゴと前田がサイドにサポートに行くんだよね。 ロングキックを蹴るなら必要ないと思うんだけど。 実際キックミスも1つあったし、キックは苦手っぽいなぁ。 セービングは良いんだけどね。

結局、終わってみれば4-1でセレッソの快勝。 この結果を生んだのはサガンのしょぼいゲームプランだったと、この際言い切ってしまおう。 前半のようなサッカーでスコアレスでゲームを進め、ホーム開幕戦で勝ちたいセレッソが焦って自滅するか、島田のFKあたりで1点取って逃げきろうという考えだったと思うけど、そのゲームプラン自体がセコイw
守って守ってカウンターというサッカーで勝ち点を取ろうと思ったら、スピードと決定力のあるFWが2枚はいる。 「耐えていれば、前が得点を取ってくれる」という信頼感があればこそ守り切れる訳で。 前の選手に対して信頼感がないから、たった1点取られただけでサガンの選手たちに動揺が走ったのではないかな。 それなら、無理してでもサイドを押し込んでほしかったよ。 それをやってくれないと、わざわざ見に行った意味がないからね。

サガンサポーターの皆様、お疲れさまでした

サガンサポーターの皆様、お疲れさまでした

広告

Written by firefennec

2009年 3月 10日 @ 02:51

カテゴリー: 国内

Tagged with