Planet Blue

ヨドバシ梅田でヘッドホンの試聴をする

久々にヨドバシ梅田に行ったら、高級ヘッドホンの試聴ブースが出来ていてビックリしました。 今まで試聴したくても出来なかったゼンハイザー HD650やAKG K701、GRADO RS1、STAXといったヘッドホンが普通に置いてありましたからね。 CDプレーヤーがマランツのSA-13S1、ヘッドホンアンプがFOSTEXのPH-100。
更にいいのは試聴用のCDだけでなく、iPodなどのDAPを接続できる事。 手持ちのiPod nanoを接続して、普段聴いているファイルで試聴できたのでとても参考になりました。

まず最初に試聴したのが、ゼンハイザー HD650。 私は普段家でHD595を使っているので、やはり違いが気になります。 HD650は当たり障りのないリファレンスヘッドホンかと思って聞き始めたら、低音過多のサウンドで驚きました。 しかも、その低音に結構クセがあって、ポンポン鳴るんですよね。 「これならHD595の方がいいじゃん」って思いましたね^^;

次に試したのがAKG K701。 これは前から欲しくて買ってしまおうかと思っていたヘッドホンです。 評判の悪いヘッドバンドの凹凸ですが、私はそれほど気にならなかったですね。 ただ、装着感は隣に置いてあったK601の方が良かったのも事実。 あの凹凸は確かにない方がいいな。 で、音質ですがHD650よりはフラットですが、サ行がきつい。 摩擦音が耳に突き刺さる感じでした。 正直言って買わなくて良かったと思いましたね。

次がGrado RS1。 装着感は評判通り非常に悪いですね^^; 音質は、なにかキャデラックのような古いアメ車っぽい音がする。 ラスベガスを彷彿とさせるゴージャスな音。 JAZZなんかには最適かもしれない。

SR-007A

SR-007A

そして、STAXのSR-007AとSRM-007tAの組み合わせ。  CarpentersのYesterday Once Moreを聞いたんですが、思わず鳥肌が立つほどの感動的な音質。 ダイナミック型ヘッドホンとはもう別世界。 最も合うソースがクラシックである事に疑いの余地はないですが、ロック系がダメかというとそうでもない。 広大な音場、リアリティ溢れる低音、どこまでも伸びる高音。 どこをとっても隙がない。 オールジャンル楽しめるんじゃないですかね。 実に贅沢な音。

その後STAXの安いモデルも聞いてみましたが、安いモデルでもHD650やK701より音質的には上に聞こえたなぁ・・・。 まぁ、ダイナミック型のヘッドホンは、ヘッドホンアンプのFOSTEX PH-100が足を引っ張ってそうな気もしましたが。
それにしてもSTAXは素晴らしい音質。 この試聴ブースはSTAXを売るために作られたんじゃないかと思いましたもん(STAXだけ2ブースありますしね)。 正直言って、ダイナミック型のヘッドホンには全く興味無くなりました。

ぜひ、みなさんもヨドバシ梅田に行かれた時は、STAXのヘッドホンを試してみて下さい。

広告

Written by firefennec

2009年 2月 28日 @ 05:05

カテゴリー: オーディオ

Tagged with