Planet Blue

プレシーズンマッチ セレッソ大阪 対 ガンバ大阪

モリシへの思いは昨日の記事に書いたので、今回はプレシーズンマッチとしてみた試合の感想を書きたいと思います。
ただ、J2に落ちて以後のセレッソの試合は見ていませんし、この試合の残り5分でのガンバのプレーにはちょっと腹が立ったので、偏見や間違いがあるかもしれないw

ガンバ大阪
ルーカス 山崎
寺田 橋本
明神 遠藤
安田 佐々木
山口 中澤
藤ヶ谷

 

まずはガンバのスタメンから。
事前情報全く無しで行ったのでガンバのスタメンには驚いた。 「何で、チョ・ジェジンやレアンドロや加地がいないの?」って。 家に帰ってから調べるとこの3人は怪我みたいですね。 まぁ、怪我以外に外れる理由ないですからね。
しかし、FWルーカス、ボランチ遠藤って去年リーグで失速した原因じゃなかったっけ?
去年のガンバのシーズンを振り返ると、
FWルーカス→ルーカスの決定力不足が露呈→MFルーカス→バレー電撃退団→FWルーカス→得点力不足→ボランチ遠藤→守備崩壊→ACLで勝ち進む→リーグはどうでもいいモードに。
って感じだったと思うんだけど、この布陣はリーグで勝てなかった頃のガンバそのもの。

セレッソ大阪
カイオ
香川
石神 酒本
マルチネス 黒木
江添 前田
チアゴ
キム

 

一方のセレッソは生で見るのは初めての選手ばかり。 システムは1トップ2シャドーの3‐6‐1。 ただ、3バックと言っても3バックのワイドのスペースはWBがカバーするので守備の時には5バック。

試合はセレッソのペースで進む。 攻撃の軸になっていたのはセレッソの右サイド。 右サイドに張って待つ酒本にマルチネスからのロングパスが供給され、酒本が縦にボールを運びクロスという形が多かった。 特筆すべきはそのクロスに対して左WBの石神が中に入ってきて合わせるシーンがあった事でしょう。 他にも酒本から石神へのサイドチェンジや、逆に石神から酒本へのサイドチェンジもあった。 この両WBには逆サイドを強く意識させてるようですね。
また、香川や乾が足元のボールをターンして前の3人で仕掛ける場面も何度かあり(最後のところは止められていたが)、全体的にセレッソペースのまま、香川のゴールでセレッソがリードして前半を終える。

前半のセレッソで目立っていたのは右サイドの酒本。 3バックの横のスペースをカバーしながら、攻撃の場面ではゴール前まで侵入して行く。 あの運動量は大したもんだと思いましたね。

笑ったのが、ハーフタイムの笛が鳴った途端のガンバサポからの強烈なブーイング。 まぁ、あの出来なら仕方ないでしょうw

ガンバ大阪
播戸 山崎
寺田 橋本
明神 遠藤
下平 安田
山口 中澤
藤ヶ谷

 

ハーフタイムで動いたのがガンバ。 ルーカス→播戸の交代は試合前の予定通りだと思うけど、下平の投入は戦術的なものだった。 下平の役割は、両チームが左に寄っている時でも、右サイドに張り付いてフリーになっていた酒本のマーク。  更に下平が酒本の裏を狙う動きをしたことから、酒本は自陣に閉じ込められてしまう。
この交代で試合はガンバペースに移行。 ガンバが敵陣でボールをキープして攻め、セレッソが右サイドに回った安田の裏のスペースにロングボールを供給して、前の3人で散発的なカウンターを繰り出すという流れになった。

セレッソ大阪
カイオ
香川
平島 酒本
マルチネス 濱田
藤本 前田
チアゴ
キム

 

セレッソは76分に平島を投入。 左サイドからの攻めを強化するが・・・。

ガンバ大阪
播戸 山崎
寺田 遠藤
倉田 橋本
下平 パク
山口 高木
藤ヶ谷

 

即座に新外国人のパクで穴を埋められてしまう。 唯一の突破口を失ったセレッソは完全に沈黙。
この流れの中で、モリシ、アキ、名波の3人の投入だった訳だ。
動けない選手が3人入ったセレッソがガンバからボールを奪えるはずもなく、ガンバが延々とボールをキープし続けたまま試合は終わってしまった。

何なんだ、一体

 

普通の試合なら何とも思わないが、この試合はモリシメモリアルマッチである。
日本サッカー界に多大な貢献を果たしたモリシがラストマッチで、なぜこのような仕打ちを受けなければならないのか全く分からない。
勝敗の関係ないプレシーズンマッチなのだから、モリシに花を持たせるのが当然だろう。
試合終了前5分間のガンバの無意味なボールキープはモリシへのリスペクトを欠いていた。

さて、今シーズンの展望ですがセレッソはなかなか良いと思った。
まず、外国人4人の質が高い。 GKのキムは日本代表に入ったレイソルの菅野にタイプが近い。 GKが韓国人で、リベロがブラジル人なので連携に不安が残るが、それを差し引いてもかなり良いキーパー。
チアゴはタックルの巧い、クレバーなプレーヤー。
マルチネスは左足で精度の高いロングキックを蹴れる司令塔タイプ。 ゲームメーカーでありながら守備でも労を惜しまない。
そしてカイオだが、この選手が今シーズンのセレッソの命運を握ってるだろうね。 試合を見る前は、1トップだから楔を足元に受けて落とすポストプレーヤータイプなんだろうなと思っていたが、全然違ったw カイオは相手DFと駆け引きしてラインの裏を狙うストライカータイプだった。 このプレースタイルだとかなり点を取ってもらわないといけない。 カイオの得点数がそのままセレッソの順位に直結すると言ってもいい。 カイオは良いプレーヤーではあるが、J2にいた頃のエメルソンやジュニーニョのような反則級のプレーヤーではない。 はたして何点ぐらい取れるだろうか・・・。

チームとしての課題は、サイドを抑えられた時にどう攻めるか。 香川と乾の突破だけでは苦しくなると思う。 逆に守備は安定していた。 セレッソと言うと守備が脆いイメージなんだけど、この試合を見る限り守備は計算できる。 特にチアゴとキムの存在が大きい。 自分は十分3位以内に入れると思っています。

んで、ガンバの方だけどダメなんじゃないのw
色々なところで優勝候補扱いされているけど、ルーカスがFWでは中位が良いところだ。(FC東京もそうでしたよね)
守備力=失点数は昨シーズンとほとんど変わらない。 問題は得点数をいかに伸ばせるか。 ガンバファンとしては播戸に復活して欲しいところではある。 ガンバの魂は播戸ですからね。 ただ、現実問題としてはチョ・ジェジンとレアンドロに期待という事になる。 しかし、ジェジンは怪我でダメっぽい。 となると、優勝するにはレアンドロに20点ぐらい取ってもらわないといけない。 レアンドロにそこまでの得点力があるかと言うと・・・私は懐疑的。

広告

Written by firefennec

2009年 2月 25日 @ 03:43

カテゴリー: 国内

Tagged with ,